患者さんへWEB問診導入をお知らせするには?

2018.08.20

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!


今回は、WEB問診を導入したことをどのようにして患者さんに伝えるかについて、話したいと思います。


メルプでは院内ポスターとラミネートの2つを用意しています。

まず、直接来院された患者さんに対して、WEB問診の案内をする必要があります。メルプでは下記のようなA4サイズの院内ポスターと、 A5サイズのラミネート用紙を用意しています。

院内ポスター

院内ポスター

ラミネート用紙

ラミネート用紙

A5サイズのラミネート用紙は、直接来られた患者さんに対して WEB問診を記入してもらうために配布するものです。

これらの資料は、問診の管理画面からPDFダウンロードできますので、印刷してご利用ください。

HPでの告知

上記に加えて、クリニックのホームページでWEB問診の案内をします。

こちらに関しては、クリニックによって様々ですが

「〇〇クリニックは、〇月〇日からWEB問診システム導入することにしました」

といった簡単な案内から

【WEB問診サービスのご案内】
よりスムーズな診察のため、2018年●月●日より新たにWEB問診サービスを始めます。今までは、来院されてから紙の問診票の記入をお願いしておりましたが、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などで、事前にWEB問診を入力することでよりスムーズに受診していただけます。ぜひご利用ください。
WEB問診はこちら(リンク)から。
下記のQRコードからもWEB問診にご記入いただけます。

といった詳しい案内まで様々です。

実際に1と2の案内をすることで、徐々にWEB問診記入率が増えてきて、平均して全体の6,7割の患者さんがWEB問診を記入するようになっています。

それに加えて、高齢者でWEB問診に不慣れな方の場合にスタッフが代行入力をすることで9割以上のWEB問診記入率へと高めることができます。詳しくはをご覧ください。

以上見てきましたように、 院内ポスター・ラミネート用紙・HPなどを通して、患者さんにWEB問診のご案内のサポートをしています。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ