耳鼻科でのWEB問診活用後編(アレルギー問診)

2018.08.24

WEB問診システムをお探しですか?
それでは早速始めましょう!

今回も、耳鼻科での WEB問診活用法について話したいと思います。前編はこちら
今回は、アレルギー問診についてです。

①アレルギー問診の紙問診の運用方法
前回も少し話しましたが、耳鼻科(一部の内科・小児科も)アレルギーに関して詳しい問診を用意している場合が多いです。
耳鼻科アレルギー
ただし、この場合も紙問診票だと、A4 1枚という制約があるため、別にアレルギー用の髪問診票を用意して、最初に渡した初診の問診票の主訴の欄に「アレルギー症状(くしゃみや目のかゆみ、花粉症など)」を選択したかどうかを受付のスタッフが一旦確認して、アレルギー症状を選択した方には「アレルギー用問診票」を渡すというステップを踏まなければいけません。

このように、紙問診票の場合だと、複数の問診票を用意していただけるという手間が発生してしまいます。こうした問診内容をWEB問診として聞くにはどのようにすれば良いでしょうか?

②アレルギー問診の Web 問診を活用した運用方法
それでは、WEB問診票の場合を見ていきましょう。
下記の例では、患者さんの医療基本情報に関する質問をした後に、「本日、花粉などのアレルギー症状で来院されましたか?」という質問を表示して、「いいえ」と答えた方はその時点でweb問診を終了しています。一方で「はい」と答えた方に対しては、「今回の症状はいつからですか?」「今回の症状の中で一番辛いのは何ですか?」のように、アレルギー症状に関する詳細問診を表示しています。
耳鼻科問診1
耳鼻科問診2
このように、WEBの場合、A4 1枚という制約がありませんので、アレルギー症状の詳細問診もアレルギー症状のある方にのみ表示することができます。
詳しくは、第5回:患者さんの回答に応じて質問を出し分けられますをご参照ください。

以上見てきたように、 症状部位別に表示する質問を出し分けることで、より詳細な問診内容を事前に取得することができます。
もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。
メルプWEB問診コラム一覧へ