初診患者はどこまで基本情報取得できる?

2018.08.28

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!


今回は、メルプWEB問診を導入した先生・スタッフより、よくご質問をいただく「患者さんの基本情報」をどこまで取得できるか?に関して説明したいと思います。

メルプWEB問診では基本情報取得範囲をクリニック側で設定できます。

初診の患者さんの場合、カルテが作成されていないため、どこまで患者さんの情報を取得するかはクリニックの方針によって異なります。

たくさんの基本情報を入力させるのは患者さんに取って負担になるので、名前だけでいいというクリニックもあれば、同姓同名の患者さんがいたら困るということで名前に加えて、生年月日・住所まで取得したいクリニックまで様々です。


メルプWEB問診では、そのようなクリニックの個々の要望に対応するために、「患者さんの基本情報」取得範囲をクリニック側で設定できるようにしました。

下記の図のように、設定画面でチェックした取得する基本情報が、患者さんの入力画面で表示されます。現在、取得できる基本情報は、名前・診察券番号・生年月日・住所・メールアドレス・電話番号・緊急連絡先です。

また、初診患者にのみ上記基本情報の入力項目を表示し、再診患者には診察券番号のみを表示することも可能です(再診患者は住所・生年月日などの再入力は基本必要ないため)。

患者基本情報

このように、メルプweb問診では、患者さんの基本情報取得範囲を自由に設定することで、個々のクリニックのニーズに合わせた運用を実現可能です。


もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ