問診表示カスタマイズ機能:文章表示も可能に!?

2018.09.05

WEB問診システムをお探しですか?
それでは早速始めましょう!

今回は、メルプWEB問診の新機能「問診表示カスタマイズ機能」に関して説明したいと思います。

患者さんから受け取った問診を、どのように表示するかは医師のこだわりが出る部分ですよね。
今までは箇条書き表示のみでしたが、ある質問は回答のみ表示したい・文章表示したいなどのご要望が多くありましたので、この度、問診の表示をカスタマイズできる機能をリリースしました。大きく2つに関して見ていきましょう
問診表示カスタマイズ
①患者さんの問診をどこまでカルテ側に表示するかをカスタマイズ
デフォルトでは、患者さんの問診を「質問:回答」で箇条書き表示にしています。ただ、質問によっては患者さんには質問するけれどもカルテ側には表示しなくてよいという場合がありますよね?(例:来院されたキッカケは患者さんに聞きたいが、カルテには必要のない情報なので送りたくない)

そのような場合には、カルテオプションの部分で「質問と回答の両方とも非表示」にチェックをつけることで、カルテ側には非表示になります。
また、患者さんの回答のみ表示したい場合には「回答のみ表示」にチェックをつけることで、カルテ側には質問文は非表示になります。
カルテ表示/非表示
②文章表示
デフォルトでは、箇条書き表示であり、1質問ごとに1行としていますので、質問数が多い場合には、とても長い行数になってしまいます。
もう少しコンパクトにしたい、文章にして表示したいというご希望が多くありました。

これに関して、「前の質問に続けて表示」という機能を使うことで実現しました。カルテオプションで「前の質問に続けて表示」にチェックをつけると、前の質問から改行されずに続けて表示されます。この機能と、先ほど説明した「回答のみ表示」機能をうまく組み合わせることで、コンパクトな文章表示にすることも可能です。
カルテ文章表示
応用編として、文章としてつながるように(少し想像力が必要!)、助詞や句読点を調整することで、カルテ全てを文章表記に変えることも可能です
カルテ文章表示:応用

このように、メルプWEB問診では、カルテに送る問診表示に関しても柔軟にカスタマイズできるようになりました。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。
メルプWEB問診コラム一覧へ