WEB問診導入までの流れ
〜早くて1週間で運用開始できます〜

2018.09.21

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!


無料デモ後、導入を検討される際に、下記のご質問を受けることが多いですので、今回は「WEB問診導入までの流れ」に関して説明します。

「御社のWeb問診を導入したいと思っております。〇〇月から運用開始は可能ですか。」

「WEB問診の運用までにどのくらいの期間をみておけばよろしいですか。」


WEB問診導入までの流れ
①お問い合わせ

サービスページのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。

メールでビデオ通話のデモ日程を決めます。

②デモ(ビデオ通話で15分ほど)

主に、1)電子カルテへの問診の取り込み、2)WEB問診作成機能の2つについて15分ほどで説明します。質疑応答を含めて、長くても30分程度みておけば大丈夫です。


ちなみに、ビデオ通話は、appear.inというサービスを使っています。

リンクをクリックするのみでビデオ通話を開始できますので、アプリのインストールは必要ありません。今までお問い合わせいただいた先生方も、こちらのビデオ通話システムで実際にデモを受けていただけています。


まれに、サービスのイメージがついていらっしゃる先生で、デモはご希望されずにそのまま導入を決定される先生もいます。それでも構いません。

③契約・お支払い

デモの後、まず契約になります。契約ならびに支払いのURLをメールにお送りいたしますので、クリックしてお支払い(基本クレジット)してください。

契約内容や利用規約もWEBサイト上に掲載しています。

④問診管理アカウント発行(即日)

入金確認次第、即時アカウント発行します。

⑤WEB問診作成(3,4日〜1ヶ月)・電子カルテ連携設定(郵送1-3日+設定10-20分)

【WEB問診作成】

問診をどこまでこだわって作るかにより、クリニックごとに導入までの期間が異なります。ここが一番の律速になります。

アカウント発行時に、弊社で作成している診療科別の雛形問診が入っていますので、それをもとに修正してください。連携の仕組みに関してはこちらを参照。


【電子カルテ連携設定】

連携キットを郵送しますので、届いたらセットアップしてください。5-10分ほどで終わります。もし難しい場合には電話サポートを行っていますので、お気軽にご連絡ください。こちらは、WEB問診作成と同時並行で進めていただきます。

⑥WEB問診バナー貼り付け(2-3日)

WEB問診の作成が終わったら、医院のホームページや予約システムにWEB問診バナーを貼りつけます。それぞれの業者に連絡してください。詳しくはこちらを参照。

また、患者様へWEB問診導入をご案内するための院内ポスターを用意していますので、管理画面より印刷してお使いください。

⑦運用開始

全体として、運用開始まで早くて1週間程度です(一番早いクリニックで、その日から運用開始したところもありました)。あとは問診作成にどれだけ時間を割くかで、導入までの期間が変わってきます。

ちなみに、WEB問診は運用開始後もリアルタイムで自由に修正できますので、まず運用開始してから随時アップデートする方法を取っても構いません。


以上が、運用開始までの流れになります。

なんとなく、イメージは湧きましたでしょうか?


もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ