大阪府小児科

2018.12.06

WEB問診システムをお探しですか?
それでは早速始めましょう!

今回は、導入した先生の声を紹介いたします
大阪府小児科
ー 導入のきっかけは?
紙ベースの問診に時間がかかるので時間節約のために導入を考えていた。

ー メルプを知ったきっかけは?
ネットで検索してヒットした。面会はしていない。

ー 運用開始までにどの程度かかりましたか?
1-2週間

ー 導入時にトラブルがありましたか?
ユヤマの電子カルテとの連携がうまくゆかなかった。丁寧に対応してもらい、現在は解決している。
サーバー側のトラブルもあったが今は落ち着いている。

ー 現在はどのようなフローで運用していますか?
自宅で投入してくれる人が50%、他の人はクリニックで投入。どうしても紙がよいという人もおり、紙の問診票は残している。カルテへの投入は事務の方が行っている。

ー 医療機関側の導入のメリットを教えてください
問診内容を医療用語に変換してくれる
以前は問診を行いながら先生自身がカルテに投入していたため、その時間が大きく短縮された
患者に向き合う時間が増えた

ー 改善点を教えてください
トラブルが発生した時に検索できる簡単な説明書があればよい(対応中です)

ー ITシステムへの期待があれば教えてください
遠隔医療や医療相談により、本来来院する必要のない患者さんの相談に乗ることができたらよい。皮膚疾患だけでこられる方、喘息、夜尿症の方など。特に夜尿症は来院するのが恥ずかしい子が多い。

ご回答くださり、ありがとうございました。

メルプWEB問診コラム一覧へ