問診作成機能:開発経緯

2018.09.05

WEB問診システムをお探しですか?
それでは早速始めましょう!

今回は、メルプWEB問診の新機能「問診作成機能」の開発経緯について話したいと思います。
問診作成機能開発の経緯
この度、サービス導入の一番の律速になっていた「問診の作成」に関して、医療機関側で自由にWEB問診を作成・修正できる管理機能をリリースしました。

僭越ながら、各クリニックのA4 1枚の紙問診票を拝見していて、あまりクリニック間でバラツキがないと感じたので、雛形の問診を作成して提供でよいと最初は想定していました。

しかし、実際にWEB問診をリリースしたところ、こちらが想像していた以上に導入医療機関からの問診カスタマイズのご要望が多いことが分かりました。

例えば、以下のようなお問い合わせです(下記は、小児科の例)
当クリニックで使用している項目をベースに、不足していることを貴社で使用しているテンプレートの項目で補っていただければと思います。
例えば初診用問診の最後に、「当院を受診したきっかけ」の質問、再診用問診、定期受診で症状の経過の項目など入れていただければ良いかと思います。
まずの入り口で初診、定期受診(1カ月毎の受診)、再診(1週間以内の受診)、再診初診で分けていただくのが良いのではと思います。
当院で定期受診されているのは「気管支喘息」「皮膚症状(アトピー性皮膚炎含む)」「夜尿症」「アレルギー性鼻炎、結膜炎(花粉症含む)」くらいです。

このようなお問い合わせが来るたびに、今まではメールでやりとりしながら私が全部請け負って成していたのですが、導入が増えてきて作成がパンク状態になり、また導入した先生が毎回のメールのやり取りで気を遣われていたのを、メール越しにヒシヒシと感じていました。

今まであまりクリニック間で紙問診の内容にバラツキがなかったのは、A4 1枚に聞くべき内容をまとめないといけないという暗黙の了解があったことが原因であることがわかりました。
本来であれば、咳の主訴の人に対しては、発症時間や関連症状なども質問できればしたいですが、A4 1枚におさめるとなると、個人情報やアレルギー・既往歴などの入力欄もあるため、物理的な記載欄の限界のために聞けていないというクリニックが想像以上に多かったです。

問診作成機能で何ができるか?
少々前置きが長くなりましたが、上記の経緯があり、クリニック側で自由に問診を作成修正できる機能があったほうが良いという結論に達し、この度、問診作成修正機能を新たにリリースしました。


1)特定の回答に応じた質問を自由に作成できます(主訴が「咳」の人に対して、咳に関連する質問のみを表示するなど)
2)修正した問診はリアルタイムで確認可能です
3)回答は、自由入力、選択式回答(単一、複数)、数字入力に対応しています
4)作成した各問診をドラッグして順番を並べ替えることができます
5)問診表示のオプション機能を使うことで、カルテに送る際に箇条書き表示にしたり、文章表示にしたりすることができます
問診に限らず汎用性が高いので、高機能なグーグルフォームとして他にも展開できるのでは?と勝手に妄想しています。


このように、メルプWEB問診では、クリニック側で問診を自由に作成、修正できるようになりました。すでに導入しているクリニック様も、導入を検討中のクリニック様も参考にしてみてください。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。
メルプWEB問診コラム一覧へ