問診の一部を公開非公開選択できるようになりました

2019.12.26

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!


今回は、メルプWEB問診の新機能「公開非公開機能」について説明いたします。


公開非公開機能

メルプWEB問診導入の医療機関様より

作成した問診の一部を患者さんに今は表示しないようにすることはできますか?まだ作りがけの問診なので、この部分だけ非公開にしたいのですが。

とお問い合わせをいただくことがありました。

今までは、問診のうち一部だけを非公開にすることはできませんでしたが、今回対応しましたので説明いたします。


下記の例は、小児科の問診のうち、再診の問診のみを患者さんには一時的に非公開にしたい場合の手順です。

1)非公開にしたい問診の横にある、目のマークをクリック

問診非表示

2)非表示にしても良いかのアラートが表示されるので、OKをクリック

患者さんの問診回答画面で、「再診」が非表示になりました。

「初診」「定期受診」は表示されています。

問診非表示

3)非表示にした問診を再表示したい場合

再診の、目のマークをクリックします。

表示しますか?のアラートが出るのでOKをクリックします。「再診」の選択肢が患者問診画面で再び表示されました。

問診表示

いかがでしたでしょうか?

・冬の間インフルエンザの問診を使っていたが、罹患期を過ぎたので、非表示にしたい。

・花粉症の季節なので、春の間だけ花粉症の問診をオープンにする。

・まずは初診患者さんで試したいので、再診の問診は非表示にしたい。

などの場合にご活用ください。

このように、メルプWEB問診では、問診の一部の公開非公開を自由に設定できるようになりました。


もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ