患者さんの回答を問診一覧に表示し検索できるようになりました

2020.1.26

WEB問診システムをお探しですか?
それでは早速始めましょう!

今回は、メルプWEB問診の新機能「問診一覧表示カスタマイズ機能」について説明します。

問診一覧表示カスタマイズ機能
メルプWEB問診導入の医療機関様より
患者さんの受診診療科や症状を患者一覧画面に表示することはできますか?主訴が患者一覧画面で一目でわかると、どういった患者さんが来るのかわかるので助かります。
とお問い合わせをいただくことがありました。
今までは、患者一覧画面では、「未読・既読・診察券番号・患者氏名・問診入力日・緊急度」といった基本的な項目しか表示されていませんでしたが、今回のアップデートで、患者さんの任意の問診回答を患者一覧にも表示し、検索対象にすることができるようになりました。

下記の例は、問診一覧に、受診診療科・症状を表示し、さらに診療科で絞り込めるように設定した場合です。
問診一覧表示カスタマイズ
1)問診一覧に患者回答を表示したい場合(検索対象にはしない)
質問作成画面の「問診一覧に表示する」にチェックをつけて保存すると、患者さんの回答が患者一覧画面に表示されます。
こちらは複数登録することができますので、例えば、主訴・患者さんの自由記述・診療科などの複数項目をまとめて表示することもできます。
問診一覧表示カスタマイズ1
2)問診一覧に患者回答を表示して、さらに検索対象にしたい場合
問診一覧に患者回答を表示するだけではなく、検索対象にしたい場合には
質問作成画面で「問診一覧にて検索対象にする」にチェックをつけます(例では診療科の質問にチェック)。
患者一覧画面に診療科に対する患者回答が表示され、さらに診療科で絞り込むことができるようになります。複数診療科で運用していて、内科の患者さんだけを見たいといった場合などに使います。
注)こちらの設定はどれか1つの質問のみに可能です。複数設定はできません
問診一覧表示カスタマイズ2

いかがでしたでしょうか?
・複数診療科で運用していて、診療科ごとに患者さんを絞り込み表示したい
・問診一覧で一目で患者さんの主訴や診察希望内容を確認したい


などの場合にご活用ください。問診一覧には、主訴や診療科だけではなく任意の項目を表示できますので、クリニックごとに表示したい項目を設定してください。
このように、メルプWEB問診では、患者さんの回答を問診一覧に表示し検索できるようになりました。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。
メルプWEB問診コラム一覧へ