導入クリニックのメルプ問診(小児科)

2020.3.5

WEB問診システムをお探しですか?

メルプ導入医院がこだわられて作成された問診紹介シリーズです。

今回は小児科です。それでは、早速見ていきましょう。

低身長:成長曲線の事前記入を促す

こちらは実際の小児科で作成されている低身長の問診です。

小児科でお子さんの成育歴を見る際に重要なのが成長曲線です。ただし、親御さんによってはつけていなかったり、つけ忘れていたりする方もいらっしゃいます。

問診で成長曲線に事前にプロットしてもらうように促したり、低身長に関連する資料を結果画面に表示していたりします。そうすることで、実際に来院してから成長曲線を待合室で書く手間が省けます。

メルプ低身長1
メルプ低身長2
メルプ低身長3
発達相談:臨床心理士との面談を促す。

小児科の中でも発達障害や児童精神をメインでされているクリニックは少ないかもしれません。こちらは児童精神もされている小児科の問診です。

問診の途中で臨床心理士との面接を勧めています。各年齢段階の発達程度を選ぶ選択肢が多いのが特徴的ですね。

メルプ発達相談1
メルプ発達相談2
メルプ発達相談3

いかがでしたでしょうか?

小児科の問診について見ていきました。

小児科は様々な症状で受診されますので、WEB問診で事前に詳しく聞くのは相性が良いと思います。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ