全ての電子カルテに画像送信できるようになりました

2020.05.29

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!


今回は、メルプWEB問診の新機能「画像送信機能」について紹介します。


画像送信機能

今まではテキストしか電子カルテに送信できませんでしたが、画像(シェーマ・電子署名含む)に対応しました。

1)問診設定のカルテ送信対象で「画像」にチェック

画像送信

2)画像保存先を指定

電子カルテが入っているPCにインストールした「メルプBluetooth連携くん」を開き、画像保存先を設定します。電子カルテで画像やPDFなどの保存先が決められていましたらその保存先に変更します。

画像送信

3)アプリでカルテ送信ボタンをクリック

メルプ問診の送信手順と同じで、アプリからカルテ送信ボタンをクリックするだけです。

画像送信

この3ステップで画像送信は完了です。

上記の例ですと、インフルエンザ予防接種の患者さんの電子署名が電子カルテPCの保存先のフォルダに入っていますね。

画像は自動で幅100pxに圧縮されますので、皮膚の写真などは解像度が粗くなり電子カルテに送ってから確認する場合は適さないかもしれませんので、その場合は確認はメルプアプリで行ってください。

シェーマや電子署名も送れますので、予防接種の患者署名を電子カルテに送りたい場合や、シェーマで患者さんが選択した体の部位を電子カルテにも取り込みたいなどに有用です。

このようにメルプでは、画像も電子カルテに送信できるようになりました。


もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

メルプWEB問診コラム一覧へ