初診患者はどこまで基本情報取得できる?

初診患者はどこまで基本情報取得できる?

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!

今回は「患者さんの基本情報」の入力設定について説明します。

基本情報取得範囲をクリニック側で設定できます

初診の患者さんの場合、カルテが作成されていないため、どこまで患者さんの情報を取得するかはクリニックの方針によって異なります。

たくさんの基本情報を入力させるのは患者さんに取って負担になるので、名前だけでよいというクリニックもあれば、同姓同名の患者さんがいたら困るということで名前に加えて、生年月日・住所まで取得したいクリニックまで様々です。

メルプでは、そのようなクリニックの個々の要望に対応するために、「患者さんの基本情報」取得範囲をクリニック側で設定できるようにしました。

下記のように、設定画面でチェックした取得する基本情報が、患者さんの入力画面で表示されます。名前・診察券番号・生年月日・郵便番号・住所・メールアドレス・電話番号・緊急連絡先を取得するかどうか設定できます。

また、初診患者にのみ上記基本情報の入力項目を表示し、再診患者には診察券番号のみを表示することも可能です(再診患者は住所・生年月日などの再入力は基本必要ないため)。初診、再診で取得したい患者基本情報を個別に設定できます。

患者基本情報
患者基本情報

患者情報も問診と合わせて電子カルテに送信可能

上記で取得した患者情報ですが、問診と合わせてもしくは患者情報だけ個別に電子カルテに送ることができます。

保険証のデータから患者情報を手打ちで入力するのが面倒な場合には、メルプを使って患者名や住所などを電子カルテに飛ばして、カット&ペーストできます。

詳しくは、「患者情報もワンクリックで電子カルテ取り込み可能に!?」をご覧ください。

このように、メルプでは、患者さんの基本情報取得範囲を自由に設定することで、個々のクリニックのニーズに合わせた運用を実現可能です。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top