写真・動画投稿機能

写真・動画投稿機能

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!

今回は、メルプWEB問診の新機能「写真・動画の投稿機能」について説明します。

写真・動画投稿機能

今まではユーザーの問診回答は文字のみでした(自由記載、選択肢を選ぶなど)が、この度、写真や動画をアップロードできるようになりました。

下のように、問診管理画面の「入力形式」で、画像の場合には画像回答、動画の場合には動画回答を選択して保存・公開します。

movie_select

そうすると、「皮膚の写真をアップロードしてください」「けいれんの動画をアップロードしてください」などのクリニックで設定した質問とともに、ファイルアップロードのボタンが表示されますので、ユーザーは写真・動画をアップロードします。その場で写真・動画を撮ってアップロードもできます。

upload_movie

ユーザーが投稿した写真や動画は医院側には問診の最後に表示されます。

show_movie

注意点としては

1)画像・動画投稿は1つまで

複数投稿には対応していません。

2)アプリ経由の場合には、画像・動画は電子カルテには送れません。

これは文字情報と比べて画像・動画のサイズが極端に多いため、近距離通信を用いて電子カルテに送信することが困難なためです。現在、開発対応中です。

ネットにつながる電子カルテで、パソコンでメルプWEB問診を開いてパソコンから電子カルテへ問診をコピーアンドペースとしている場合は、写真や動画もドラッグ&ドロップで電子カルテに貼り付けられる可能性があります。ただし、これは電子カルテ次第ですので一度試してみてください。

この写真・動画投稿機能は、あくまで、アプリ側で患者さんの症状を事前に確認するためのものです。

写真は

  • お薬手帳
  • 保険証
  • 皮膚所見
  • 子供の便の色

などで実際に活用されているクリニックがあります。特にお薬をたくさん飲んでいらっしゃる方の場合には、お薬名を全部手打ちするのは面倒かもしれませんので、お薬手帳の画像を写真で撮ってアップロードした方が早いでしょう。

画像送信機能

患者さんがアップロードした画像を、クリニック管理アプリから電子カルテに飛ばすこともできます。

1)問診設定のカルテ送信対象で「画像」にチェック

画像送信

2)画像保存先を指定

電子カルテが入っているPCにインストールした「メルプBluetooth連携くん」を開き、画像保存先を設定します。電子カルテで画像やPDFなどの保存先が決められていましたらその保存先に変更します。

画像送信

3)アプリでカルテ送信ボタンをクリック

メルプ問診の送信手順と同じで、アプリからカルテ送信ボタンをクリックするだけです。

画像送信

この3ステップで画像送信は完了です。

上記の例ですと、インフルエンザ予防接種の患者さんの電子署名が電子カルテPCの保存先のフォルダに入っていますね。

画像は自動で幅100pxに圧縮されますので、保険証や皮膚の写真などは解像度が粗くなり電子カルテに送ってから確認する場合は適さないかもしれませんので、その場合は確認はメルプアプリで行ってください。

シェーマや電子署名も送れますので、予防接種の患者署名を電子カルテに送りたい場合や、シェーマで患者さんが選択した体の部位を電子カルテにも取り込みたいなどに有用です。

このように、メルプWEB問診では、写真や動画も患者さんが投稿でき、その内容を医院側の管理画面で事前に閲覧できるようになりました。

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top