今日からワンクリック問診始めませんか?

問診を全ての電子カルテに自動連携し
受付の負担待ち時間を1日70分短縮します特許出願中

ワンクリック問診とは

問診結果を電子カルテに飛ばすことをワンクリック問診と言います。
それでは実際にデモを体験してみましょう。

スマートフォンの下にある「カルテ送信」ボタンをクリックしてください。 問診結果を電子カルテに送信するクリニックのスマートフォン

クリニック専用アプリ

問診結果を受け取る電子カルテ

カルテに問診結果が取り込まれます。

診療科別WEB問診

メルプでは、各診療科別のWEB問診を用意しています。
ボタンをクリックして、内容をご覧下さい

クリニックで、今お使いの紙問診票をWEBにすることもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい

メルプWEB問診票とは

メルプWEB問診は、内科医である代表の吉永和貴が自ら開発した、全ての電子カルテに連携できるWEB問診です。電子カルテを導入しても、紙問診で運用しているところがほとんどで、受付の方がスキャンした紙問診を見ながらせっせと電子カルテに入力しています。時には医師が入力することもあります。
この業務は本当に必要なのか、もっと効率化できるのではないかと考え、全ての電子カルテに連携できるWEB問診を開発しました。
カルテ作成にかかる時間

導入した先生の声 Voice.01

宮崎雅樹先生

みやざきRCクリニック
院長 宮崎 雅樹 先生


診療科 :内科・呼吸器科・アレルギー科
地域  :東京都品川区
導入目的:業務効率化

“診察の効率化につながり、患者さんの方を向いてお話しできる時間も増えました”

ー 導入してよかった点はどこですか?
事前にお答えいただいた問診内容が、きちんとしたカルテ形式で電子カルテに反映させられることは非常に魅力的です。診察の際にカルテ入力の労力と時間を圧縮できるため、診察の効率化に寄与しますし、診察の際にカルテ画面でなく患者さんの方を向いてお話できる時間も増えますから患者満足度アップにもつながるでしょう。
また患者さんとしても、自分が記載した問診内容がそのままカルテに反映されるということは、正しく情報が伝わったことの記録にもなるため安心感につながると思います。
ー 改善点も教えていただけますか?
改善点というより運用上の注意点ですが、メルプ上で問診の入力を完了した時点で患者さん側としては、手書きの問診票を記載される場合と比べて「必要な情報は全て伝えた」という意識が比較的強い傾向があるかもしれません。そのため医師側も問診内容をよく読みこんでおくことが重要だと思います。

導入したクリニック事務長の声 Voice.02

診療科 :内科・循環器内科
地域  :東京都
導入目的:業務効率化
1日外来数:約100人

“実際に9割以上の方が、事前にWEB問診に回答して下さっています”

ー どのような運用をしていますか?
①当院は初診の患者さんが多く、電話で予約をされた方に対して「ホームページのWEB問診票のボタンをクリックして事前に問診票にお答えいただくと診察がスムーズになります」と伝えています。そうすると、実際に9割以上の方が事前にWEB問診に回答してくれています。
②患者さんの問診内容の電子カルテへの取り込みは受付スタッフで行い、医師は該当患者さんの電子カルテを開いて問診内容を見るという運用をしています。運用は慣れればスムーズですね。
ー 導入の際に不安なことはありましたか?
操作方法に関しては特に不安はなかったです。
②一番不安だったのは電子カルテに送る際の患者さんの名前のとり間違いです。電子カルテにワンクリックで問診票データを取り込めるので、誤送信には注意して運用しています。誤送信を防ぐためにWEB問診票で事前に記入いただいた患者さんにも、来院された際に名前と住所だけは伺っています。その時点でダブルチェックをしています。

ご利用クリニック

診療科を問わず、多くの医療機関で導入いただいています

みやざきRCクリニック

みやざきRCクリニック

内科・呼吸器科・アレルギー科

特徴

アレルギー・呼吸器疾患のトータルケア。睡眠時無呼吸症候群のワンストップ治療

虎ノ門とうまクリニック

虎ノ門とうまクリニック

内科・神経内科・循環器内科・呼吸器内科

特徴

日本でも数少ない神経内科と循環器内科のコラボクリニック

新田耳鼻咽喉科

新田耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

特徴

アレルギー性鼻炎のレーザー治療・感染症対策として必要のない抗生剤は使わないクリニック

emiスキンクリニック松濤

emiスキンクリニック松濤

皮膚科・美容・形成外科

特徴

①皮膚科専門医の経験豊富な女性ドクターによる診療
②カスタムメイド診療を落ち着いて受診していただけるクリニック
③完全個室でゆったり施術

いしいこどもクリニック

いしいこどもクリニック

小児科・アレルギー科

特徴

病気だけではなく子供達の成長と発達を踏まえてトータルケアをするクリニック

柴垣医院

柴垣医院

人工透析内科・在宅診療

特徴

ご自宅でできる腹膜透析について、各総合病院と密接に連携しながら、在宅医療でのさらなる普及に努めています。最新のITシステムを積極的に導入しながら、医療・介護専門職との緊密な情報連携を実現してまいります

開発スケジュール(2018年度)

ご要望の高い機能から順に開発していきます

時期
開発機能
2017.9
WEB問診内容の医療用語への自動変換
→SOAPのSの部分をカルテにそのまま貼り付けられる形にします対応済み
2017.11
WEB問診を全ての電子カルテに連携
→カルテ作成時間を大幅に短縮対応済み
詳細はこちら
2018.1
患者一覧の初診・再診でのソート機能対応済み
患者問診の基本情報にメールアドレスを追加
→クリニックのお知らせを患者さんに送ることができます対応済み
2018.2
訪問診療問診のカルテ転送機能
→ヘルパーさんや介護士の患者状態に関する記録内容(食事量・飲水・褥瘡・尿量・バイタルなど)を電子カルテに転送します対応済み
2018.3
問診の充実
→現在弊社で用意している問診(クリニックごとのカスタマイズも可能)を、皮膚科・耳鼻科・眼科・小児科などへと広げていきます。対応済み
詳細はこちら
時期
開発機能
2018.4
トリアージ機能
→どの患者さんを優先的に診察室に呼べばいいかを問診内容から判定します対応済み
詳細はこちら
2018.5
複数診療科対応
→複数の診察室、複数の診療科で運用しているクリニックにも対応し、問診内容に応じて診察室を割り振ります
対応済み
2018.6
健康保険証アップロード機能
→来院前に初診患者カルテ枠の作成が可能になります
2018.7
紹介状自動作成機能
→問診内容から、紹介状の定型文を自動作成し、紹介状フォーマットにワンクリックで転送します。
2018.9
疑い病名表示機能
→問診の回答をもとに、疑わしい病気を医師管理画面に表示します。検査もれが少なくなります。
2018.11
推奨検査表示機能
→問診の回答をもとに、疑わしい病気とともに押さえておくべき検査内容を表示します。

価格

初期導入サポート費用

20万円

10万円

(導入サポート費:作成問診数・導入端末数に応じて変わります。
スマホ/タブレット端末代別)

月額費用

1,9800

9,800円(税込)

参考見積書を発行

現在、先着100名様半額キャンペーン中!

メルプWEB問診の電子カルテ連携システムは、2017年11月にリリースしたばかりの、今までにない新しいサービスで、現在は先生方の声を伺いながら改善しています。導入して積極的にサービス改善案をフィードバックして下さる先生限定で、価格半額キャンペーンを実施しています。

医師が自らサービス開発をしていますので、現場の声を反映しながらよりよく改善していくことが可能です。
ニュース
2018.4 医師のための情報サイトIBIKENに掲載されました。
「問診データを電子カルテに自動連携、診察を効率化させる【メルプ】の開発経緯とは」
2018.4.05 日医リース社にて開催されたメディカルマーケット研究会にて弊社の吉永が
「保険・オンライン診療における事前問診の活用とは?」をテーマに登壇いたしました。
2017.12 PR TIMESに掲載されました。
「クリニックの生産性向上を支援するflixyが、全ての電子カルテと即連携できる日本初の【WEB問診システム】を提供開始」
2017.10 クリニックマガジン医院経営総合戦略室コラムに掲載されました。
「予約と問診を見直して患者満足度向上を狙う」
2017.9-2018.3 日本調剤の医院開業コラムにメルマガが掲載されました。
「ICTを活用した医院の業務効率化」
2017.7 TechTargetジャパンに掲載されました。
「タブレット問診票とウェアラブル血圧計は、医療現場のペーパーレスを後押しする?」

無料デモ体験・お問い合わせ

ぜひお気軽にご連絡ください
お名前必須
医療機関名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ
(注)システムの連携をご心配されて、システム業者経由でお問い合わせが来ることがありますが、このシステムは先生自ら5分で設定できるほど簡単で、他の業者との打ち合わせは必要ありません
ですので、必ず院長先生、もしくはクリニックの担当者が直接お問い合わせください。システム業者経由のお問い合わせの場合、基本的に受け付けませんのでご了承ください。