【しびれ】メルプのシェーマ機能を活用して、人体のシェーマからしびれの範囲を選択

【しびれ】メルプのシェーマ機能を活用して、人体のシェーマからしびれの範囲を選択


【作り方のポイント】
1)人体のシェーマを用意して、しびれの範囲を選択
しびれの範囲を選択することで、どの脊髄・神経根レベルの障害かを絞り込みます。
また、脳・脊髄の障害なのか末梢神経の障害なのか、末梢神経障害であれば、多発ニューロパチー・単ニューロパチー・多発単ニューロパチーのどれなのかを絞り込みます。

2)しびれの性状を質問
まずは、運動障害がメインなのか、感覚障害のみなのかで分類しています。次に、しびれの性状を異常感覚か、感覚障害なのかで分類しています。


3)関連症状で疾患をスクリーニング
メルプでは、患者さんが選択した症状を陽性症状として、選択しなかった症状を陰性症状として自動表示することができます。
・起床時のみのしびれ・前腕から指先にかけてのしびれ→手根管症候群
・首の運動や咳によるしびれ誘発・上肢のしびれ→頸椎症(神経根)の可能性
など、鑑別疾患をスクリーニングする関連症状を選択肢で表示しています。


4)患者さんにとって平易な用語で表示

・嚥下困難→食べ物を飲みこみづらい
・構音障害→話しづらい
・複視→ものが二重に見える
・脱力感→力が入りにくい
・尿失禁→尿が漏れてしまう
など患者さんにとっても理解しやすい用語に置き換えて表示しています。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top