【乳がん検診】乳がんのリスクファクター(40歳以上・家族歴・高齢初産など)を質問

【乳がん検診】乳がんのリスクファクター(40歳以上・家族歴・高齢初産など)を質問


【作り方のポイント】
1)乳がんで生じる主な症状を質問

早期の乳がんは自覚症状がないことが多いですが、痛み・しこり・乳頭の変形・乳頭の分泌異常など、症状が生じることもありますので、部位とともに質問しています。


2)乳がん・卵巣がんの家族歴を質問
乳がん・卵巣がんの中には遺伝性もあるので、家族歴も質問しています。


3)乳がんのリスクファクターを質問
統計的な調査によって乳がんのリスクファクターが明らかになっており、次のようなものがあります。
・年齢:40歳以上
・未婚の人
・高齢初産の人:出産をしていない人
・初潮が早く、閉経が遅い人
・肥満の人、特に閉経後
・血縁者に乳がんになった人がいる
・良性の乳腺疾患になったことがある
・乳がんになったことがある

危険因子にあてはまる場合は、そうでない人に比べると乳がんになる確率が高くなります。そのため、乳がんのリスクをスクリーニングする質問をしています。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top