お知らせ配信機能の使い方

お知らせ配信機能の使い方

WEB問診システムをお探しですか?

それでは早速始めましょう!

今回は、メルプWEB問診の「お知らせ配信機能」の具体的な使い方について紹介します。

お知らせ配信機能

お知らせ配信機能とは、患者さんの主訴や問診回答に応じて、医院のお知らせ内容(処置内容や検査内容)を事前に患者さんに自動表示できる機能です。患者さんの理解度を深め、診察時間を短縮することが可能です。

実際の活用例を導入クリニックの例で見てみましょう。

例1)眼科:眼底検査の案内

こちらは眼科の例です。

例えば、下記の主訴選択で、「かすんで見える」「歪んで見える」「チカチカしたもものが見える」など、散瞳検査が必要な症状を患者さんが選択した際に来院前に前もって検査の案内をすることができます。

眼科検査案内
眼科検査案内

散瞳検査を行うことを全く知らずに遠方から車で来てしまう初診の患者さんもいると思います。

そうした患者さんに問診の回答に応じて、「散瞳検査が必要な可能性がありますので、メガネを持参して遠方からお越しの場合は公共交通機関を使うか付き添いの方と来てください」と事前アナウスすることで患者さんも前もって準備できますし、医院側も検査をリスケジュールする必要がなくなります。

例2)内科:新型コロナウイルス

こちらは実際にコロナウイルスに関するお知らせ案内を使っているクリニックです。

コロナ疑いの症状を選択された患者さんのみに対して、発熱外来の時間や保健所の案内などのお知らせを表示しています。

こちらに関しても、医院で発熱外来枠だけ時間帯を分けていた場合でも、初診の患者さんでそのことを知らずに来てしまう場合もあると思います。メルプを活用することで事前に患者さんに案内することができます。

コロナ問診
コロナ問診

例3)小児科:成長曲線の事前記入を促す

こちらは実際の小児科の活用例です。

小児科でお子さんの成育歴を見る際に重要なのが成長曲線です。ただし、親御さんによってはつけていなかったり、つけ忘れていたりする方もいらっしゃいます。

問診で成長曲線に事前にプロットしてもらうように促したり、低身長に関連する資料を結果画面に表示していたりします。そうすることで、実際に来院してから成長曲線を待合室で書く手間が省けます。

メルプ低身長2
メルプ低身長3

このようにメルプでは、患者さんの回答に応じて事前にお知らせ配信ができます。

このお知らせ配信は複数作成でき、それぞれ該当の回答と紐づけることができます。

眼科検査案内

もし、紙問診での運用方法に悩んでいらっしゃったり、WEB問診システムをご検討の先生がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。WEB問診システムの活用方法をご案内させていただきます。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top