【北小金クリニックPart3】ユニークなクリニック側問診表示:SOAPで切り分けて表示 

【北小金クリニックPart3】ユニークなクリニック側問診表示:SOAPで切り分けて表示 

2021年5月8日開催の第13回問診アカデミーで、北小金クリニックの院長の山下先生に「医師向け問診表示カスタマイズの活用方法」について伺いました。


▼目次

  1. ユニークなクリニック側問診表示:SOAPで切り分けて表示
  2. 北小金クリニックにおけるメルプ問診の活用方法

ユニークなクリニック側問診表示:SOAPで切り分けて表示


吉永
大体問診の作成部分については伺えたかと思います。もう一つ、問診一覧の表示のところがとてもユニークだなと思っておりまして、その部分も紹介できたらと思います。


例えば、このメルプ太郎さんの問診をクリックするとSOAPでこの時点で分かれて表示されています。このように分けて表示されているクリニックは初めて見ました。


山下
そうなんですね。診察前に看護師のほうでSOAPで記入してもらっているのですが、看護師が患者さんの問診を聞く前にできていた方が楽かなと思って、SOAPの並びになるように作らせていただきました。


吉永
こういう風な並びにされているということはこちらの問診管理のほうでだいぶ工夫されていらっしゃるということですか。


山下
そうですね。スペースを入れるとか、改行するとかそういった感じですね。


吉永
こちら、質問の中身の編集画面ですが、「本日はどうされましたか」に対応するカルテ記載文言は「S受診理由」という風に表記されていますね。


山下
そうですね。ここら辺を自分でカスタマイズできるので、メルプさんはすごく使いやすいと思っています。


吉永
ありがとうございます。主訴の次のところの「他院で治療中のご病気はありますか」のところは、スペースがあってOがあってAのところで書くということですね。


山下
そうですね。プロブレムリストとして他院で治療中の病気は載せて、患者さんが書いていただいたらそこに載るという形です。


吉永
ありがとうございます。この使い方は初めて見ました。


もう一つ気になった点がありまして、妊娠可能性ありの方は、すぐ注目できるように星印をつけていらっしゃいますね。


山下
そうですね。うっかり禁忌の薬を入れないように目立つようにしています。


吉永
ほかにこのような星印をつけているというところはありますか。


山下
他は授乳中とかそのような部分だと思いますね。その内容によって薬が変わったりとか絶対間違えてはいけない部分にだけという形だけなので、妊娠と授乳の部分ですね。


吉永
ありがとうございます。一通り駆け足でしたけれども伺えたかなと思いますけれども、逆に先生のほうから伝えたりないところとかありましたら教えていただきたいと思います。

北小金クリニックにおけるメルプ問診の活用方法


山下
昨年導入させていただいて、この一年の中で例えば次回受診予定日とかいろいろラベルが使えるようになったり、どんどんメルプが進歩されていて、新しいシステムを入れていただいてかなり使いやすいと思っています。


あとはもっと使いやすくするしない、というのは結局自分次第ですね。スタッフと話し合って、ここはこうしたほうがいいのではないかというところをどんどん改良していく必要がありますね。
その点、自分が変えたいなって思ったときに問診ツリーをいじったりとかすぐできます。そしてそれがすぐ問診に反映されるのですごくありがたいなと思っています。


あとは再診とか久しぶりの受診の方とかがどうしても問診しないで来てしまうということがありますので、そこらへんに関しては予約システムと連携が取れるようなものを何か入れて改善していきたいなと思っています。もう少しメルプを使いこなせるようにしたいなと思っています。


吉永
ありがとうございます。逆に問診作成のほうが大変だったのではないかと思いますけれども、こちらは主に先生が修正や作成されていらっしゃいますか。


山下
そうですね。私以外ノータッチですね。患者さんがいらしたときに電子カルテにぽちっと転送してもらうとか、後は問診一覧のところで長らく来ない人は閲覧済みに変更してもらうとかそういったところはスタッフが全部やっていますが、問診ツリーの修正は全部私一人でやっていますね。


吉永
忙しい外来の合間を縫って、気づいたところは先生の方で都度修正されるという感じでしょうか。


山下
例えばコロナのワクチンが始まるとか、インフルエンザのワクチンが始まるとか、節目、節目にちょっといじる感じです。
毎週弄るとかはしてなくて、節目の時とかシステムが変わるときとかに、ちょっともう一回しっかり見て変えている感じですね。


吉永
ありがとうございます。

それでは次回の案内をさせていただきます。次回は5月20日木曜日19時から第14回問診アカデミーで、大塚眼科クリニックの大塚先生にとの対談になります。眼科の問診でラベル機能をかなり活用されていらっしゃいますので、その点を掘り下げていけたらなと思っております。お時間ご都合がつく先生がいらっしゃいましたら是非ご参加ください。

では本日は山下先生お忙しい中ありがとうございました。


山下
どうもありがとうございました。

Youtubeでも対談動画を掲載していますので、是非ご覧ください。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top