【嘔気嘔吐】嘔吐回数・吐物の性状・生もの接種歴・周囲に同じ症状がいたかどうかを質問

【嘔気嘔吐】嘔吐回数・吐物の性状・生もの接種歴・周囲に同じ症状がいたかどうかを質問


作り方のポイント】
1)嘔吐回数・吐物の性状を質問
嘔吐の回数を質問することで症状の重症度を、また吐物の性状を質問することで、消化管出血が示唆されるか否か、どの部位からの嘔吐なのかをスクリーニングしています。


2)生もの摂取歴・周囲の同症状を質問
急性の嘔気・嘔吐で最も多いのは急性胃腸炎(ロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルス)、食中毒(黄色ブドウ球菌、セレウス菌、サルモネラ、カンピロバクター)です。

食事内容や周りに同症状の人がいないか、熱、下痢、軽い腹痛といった病歴を質問しています。

3)シェーマを用意して部位を選択
メルプでは質問に画像を載せることができます(詳細はこちら)ので、嘔気の関連症状である腹痛に関して、シェーマを掲載して部位に番号をふり選択肢を用意しています。

4)関連症状で疾患をスクリーニング
メルプでは、患者さんが選択した症状を陽性症状として、選択しなかった症状を陰性症状として自動表示することができます。
・熱・腹痛→急性胃腸炎、食中毒、イレウス、虫垂炎
・頭痛・意識障害→片頭痛・頭蓋内出血・髄膜炎・脳腫瘍
・めまい→小脳梗塞・出血・BPPV
など、鑑別疾患をスクリーニングする関連症状を選択肢で表示しています。


5)患者さんにとって平易な用語で表示
・悪寒戦慄→毛布をかぶっても全身の震えが止まらない
・意識障害→意識が朦朧とする
・黒色吐物→コーヒーの残りカスのような液体
など患者さんにとっても理解しやすい用語に置き換えて表示しています。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top