【HAQスコア】メルプのスコアリング機能を活用して、関節リウマチの機能障害の程度を評価

【HAQスコア】メルプのスコアリング機能を活用して、関節リウマチの機能障害の程度を評価

【作り方のポイント】
1)HAQスコアとは?
関節リウマチは関節を中心に機能障害をもたらす病気です。
症状をもとに、できるだけ簡便に、かつ客観的に機能障害の程度を知るための指標として、「HAQスコア」があります。

日常生活で行う動作に関する質問に対して
・何の困難もない(0点)
・いくらか困難である(1点)
・かなり困難である(2点)
・できない(3点)
という4段階から、もっとも自分の状態に近いものを患者さん自身に回答してもらい、それぞれの点数を合計し、平均数字をだします。


2)メルプのスコアリング機能による重症度分類
メルプでは、スコアリング機能があり、問診の各項目にスコア点数をつけて、問診詳細画面にスコア合計得点を表示できます。

ですので、今回のHAQスコアの問診のように、各質問の選択肢ごとに点数が決められていて、合計点で重症度を分類する場合には、メルプのスコアリング機能を有効活用することができます。

3)過去にリウマチ治療歴の有無を質問
リウマチ治療薬には、NSAID・抗リウマチ薬(DMARD・MTX)・生物学的製剤・副腎皮質ホルモン・JAK阻害剤など様々あります。
治療歴がある場合には、過去にどのような治療を受けてきたか、治療薬の種類と投与量を聞いています。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top