【CAT(COPDアセスメントテスト)】メルプのスコアリング機能を活用してCOPDの重症度分類

【CAT(COPDアセスメントテスト)】メルプのスコアリング機能を活用してCOPDの重症度分類


【作り方のポイント】
1)CATの問診項目をWEB問診として表示
CAT(COPD Assessment Test)はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の状態が健康と日常生活にどのような影響を与えているか、COPD患者と主治医が知り、共有する質問票です。

このテストによって、今のCOPDの状態を的確に医師に伝えられ、またテストの点数によって、患者の状態により合った治療を行うことができるようになります。

全部で8つの質問からなり、各質問には6つの回答選択肢(0点〜5点)があります。各項目の点数を足して、40点満点でスコアを出します。

2)メルプのスコアリング機能による重症度分類
メルプでは、スコアリング機能があり、問診の各項目にスコア点数をつけて、問診詳細画面にスコア合計得点を表示できます。

ですので、今回のCATの問診のように、各質問の選択肢ごとに点数が決められていて、合計点で重症度を分類する場合には、メルプのスコアリング機能を有効活用することができます。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top