【多言語問診】外国人の患者さんにも対応できます

【多言語問診】外国人の患者さんにも対応できます

この記事では、メルプWEB問診「多言語問診」について説明いたします。

メルプ多言語問診とは?

メルプでは2種類の多言語問診機能を提供しており、医院様のご利用目的に合わせて、多言語問診を行うことが可能です。

①弊社作成の雛形問診を利用
※医院側で翻訳をする必要はありませんが、弊社で用意した問診の利用になり、問診の変更はできません。

②医院側で翻訳をする
※医院側で作成した日本語の問診を多言語に翻訳して独自の多言語問診を提供可能です。ただし、医院側で翻訳する必要があります。

メルプ多言語問診

①弊社作成の雛形問診を利用する場合

すでにメルプにてご用意をしている問診をご利用頂く形となりますので、医院様側で問診を手配する必要はありません。

管理画面右上のクリニック名を選択し、プルダウンから「多言語問診設定」をクリックして設定画面を開きます。
問診を提供する診療科目を設定します。※医院側で問診内容の変更は不可

■対応診療科目
内科・小児科・耳鼻科・産婦人科・眼科・皮膚科・整形外科・精神科
・泌尿器科・呼吸器科・循環器科・消化器科・脳神経外科

■対応言語
英語・中国語・韓国語・ベトナム語・スペイン語・ポルトガル語

メルプ多言語問診設定

患者さんは、問診回答時に、医院側で設定した診療科目を選択し、既定の問診について回答します。

メルプ多言語問診患者回答トップ
メルプ多言語問診患者回答診療科選択
メルプ多言語問診患者回答

②医院側で翻訳をする場合

既存の問診に対し、それぞれ医院様で問診内容を個別に翻訳/提供を行うことが可能です。自由に問診を作成することが可能ですが、翻訳作業が必要となります。

問診管理画面のプルダウンから「問診翻訳」をクリックします。すると、翻訳のフォームが出てきますので、作成した各日本語の問診に対応する言語の部分に翻訳を入力していきます。

メルプWEB問診翻訳画面

患者回答画面では、患者さんに言語を選んで頂きます。
なお、翻訳がされていない問診については従来通り設定している問診(日本語)が表示されます。

メルプ多言語患者回答トップ
メルプ多言語患者回答問診画面

メルプ多言語問診料金

価格は下記になります。ご利用希望の際は、メルプWEB問診管理のチャット画面から、もしくはsupport@flixy.coまでメールでお問い合わせください。

初期0円、月額5,000円(税別)

※お申込みの際にはメルプ利用時と同様、クレジットカード払いにてお申込み頂きます。
※言語数については複数の言語対応であったとしても利用料に変動はございません。

\今なら無料導入サポート付き/

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1751-1307(平日9:00~18:00) ※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

050-1751-1307

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)

※導入済み医院はこちら:050-1751-1201

melp-top